投稿者「管理人」のアーカイブ

ホームページの公開

完成したホームページをインターネットで公開するには、ホームページの住所であるURLを取得して登録しなくてはいけません。無料のものもありますが、広告が多くて美味くレイアウト表示ができないこともあります。有料のものは、容量やCGIの制限がなくサービスのよいものがあります。スペースの容量や、広告の有無、CGIやSSIの使用などを考慮して選びます。そして、これまで作ってきたホームページを公開するには、FTPソフトが必要になります。これは、ホームページをアップロードするソフトウェアのことで、有料のものから無料のものまで様々あります。

公開前には、誤字や脱字等がないか文章の確認を行ない、画像等が重くないか、リンク切れがないかなどのページ全体の確認をします。また、公開するデータが著作権法に違反しないことを確認します。登録が終わったら、FTPソフトをダウンロードして、インストールしてホームページのファイルをアップロードすることで、世界中に公開されます。アップロードしたら自分でアクセスして作成したホームページを確認します。最近は、携帯電話向けの無料ホームページ作成サイトもあります。お絵描きや趣味の小説や誌なども簡単に書くことができ、利用者も多く人気があります。

簡単なホームページ

簡単なホームページを作るには、ダウンロードしたテキストファイルから文字だけを上書き保存して内容を変更します。まず、メモ帳を起動して、メニューバーのファイルを開きます。注意したいのが改行で、たとえHTMLファイル内で「enter」キーを押して改行してもプラウザで表示させると一続きの文字列として認識されて改行になりません。プラウザ上で改行を表すには「<br>」というタグを用います。この点を踏まえて自由に文字列を変更していき、内容を保存したら、プラウザでファイルを開けば内容が確認できます。

ホームページでは、画像ファイルも取り扱えるので、背景の色やお気に入りの画像やイラストを貼付けて自分なりのアレンジをすることができます。画像を表示するには<IMG SRC=”ファイル名”>タグを使いますが、基本的には、HTMLファイルを開き表示したい画像ファイル名を変更すればできます。この手順を覚えれば応用は簡単で、ファイル名を差し替えるだけで表示する画像を簡単に入れ替えられて登録した画像を表示させることもできます。デジカメで撮影したオリジナルの画像をパソコンに取り込んで使うこともできます。また、画像修正ソフトを使ってサイズを調整することもできます。

ホームページ作成基本

まずホームページ作りの基本となるHTMLは、テキストファイルの仲間であり、ウィンドウズ付属のメモ帳で開くことができます。ファイルの拡張子としては、「.htm」又は「.html」です。HTMLファイルはタグといわれる命令形が集まってできています。これはブラウザの画面上のどこにどのような情報をどのように表示するのかを記したもので、この組み合わせ方や定義の仕方によって多種多様な表現が可能になります。記号ばかりで、抵抗があるかもしれませんが、1度覚えれば決まり事で応用がききます。

代表的なタグの意味と役割を解説します。タグという命令文は、「<」と「>」で挟んで記述するのが決まりです。ページのタイトルを表示するには、<TITLE>と<TITLE>で挟みます。プラウザの左上に表示され、Bookmarkに登録される名前として使われることが多いため、付けておくと便利です。本文の最後に、作者の氏名やメールアドレスなどを記載します。<body>は、プラウザに表示させる内容の始まりで、</body>は表示内容の終わりのことで、この間が表示される内容になります。「<!–」と「–>」で挟んだ部分はブラウザには表示されません。HTMLのファイル内に参考程度のコメントを書き添えておきたい時に使うと便利です。必ず<html>でホームページは始まり、</html>は、ホームページの終了を宣言するタグで、これは必ず記述しなくてはなりません。

ホームページの作成

スマートフォンやタブレットの普及により、インターネットを利用するユーザーは増加しています。ホームページを開設したいと思う人も多く、日記やアルバム代わりや、自分の趣味、作品や研究の発表の場、インターネット上での出会いやコミュニケーションを目的に始めたいという理由が多いようです。ホームページを持つには、ホームページ制作を行っている会社へ依頼したり、ソフトを購入して個人で作る方法があります。また、ホームページ作成ソフトは使用すると簡単に作成ができますが、購入は必須ではなく、メモ帳を使ってエディタやワープロソフトに文字を入力すれば作成することができます。

ホームページ作成の記述用言語のHTMLは基本でありこれさえ覚えておくと、いろいろな応用ができるので自分の思いのままに作ることができて、バージョンアップも自分で行なえるようになります。また、ひな形を利用することでも簡単にホームページを作成することができます。インターネットは、いろいろなブラウザが使えて、普通のテキストエディタやワープロソフトとブラウザがあればホームページを作ることができます。ホーページ作成の全体の流れとして、まずホームページを作るための準備として、必要なデータをダウンロードします。そして、ホームページの仕組について、ある程度の知識も必要となり、基本をおさえて分析します。一番初歩的な文字を入力します。次に、オリジナリティーを出すために画像を入力します。そして、作成したホームページを世界に公開します。ホームページの作成をする前に、まずは、HTMLファイルの基礎知識を学んでおきましょう。